• kondo847

ホールディングスと関連企業


近年日本で増加しているホールディングス(持ち株会社)

日本でそれが解禁されたのは1997年だそうです。

戦後独禁法によって禁止されていたホールディングスでしたが、

経済のグローバル化が進む中、日本企業が世界で戦っていくためにはホールディングというものが必要であるとの声の高まりに解禁となりました。

日本でも最も有名なホールディングスの一つがソフトバンクグループ株式会社でしょう。

現在、子会社、関連会社など約2000社ほ

どの企業を傘下に納めた名実ともに日本を代表する持ち株会社です。ソフトバンクというと携帯電話の会社を思い出す人も多いと思いますが、グループの傘下の企業は非常に広く多種多様にわたっています。


当社ゼンエルディーンインターナショナル株式会社もホールディング企業となります。

ソフトバンクにはおよびませんが、国内に数社を傘下に置き、各企業の事業指針の決定や資金調達のサポートなどを行っています。

その傘下の一つに「Mirai Group Japan株式会社」という企業があります。

ここは、ビジネスチャンスを海外へ見出す企業やその逆に海外から日本へ進出したいと考えている企業に対してサポートやコンサルティングなどの業務を中心に多くの企業、ビジネスに関与しています。

それぞれの企業には様々な側面があり課題や問題点も多くあります。

しかし、そのソリューションにはその何倍もの道があるはずです。

Mirai Group Japanという企業はその中から各企業に合ったベストな方法を提案し、成功へと導いています。

そしてそのMirai Group Japanの企業としての指針やサポートを行っているのがゼンエルディーンインターナショナル株式会社なのです。

Mirai Group Japanという企業が世界を相手に戦っていくためにはゼンエルディーンインターナショナル株式会社というホールディングスが必要なのです。


閲覧数:11回0件のコメント