• ZED International

戦略的な「持株会社」とは?

 ゼンエルディーンインターナショナル株式会社は、戦略的な「持株会社」です。

 戦略的な「持株会社」とは? 


 一般的に持株会社は「ホールディングカンパニー」とも呼ばれています。他の会社からもらった株式を保有する組織です。持株会社は一般的に運営に係るものもあれば、それには関わらず傘下に入れた会社のマネジメントだけをしているケースもあります。

 持株会社に引き入れられた会社は、傘下の組織として扱われます。つまり複数の会社からなるグループに属し、持株会社の下で活動するのです。しかし実際は経営をコントロールされるケースはありません。持株会社は参加の組織に対し、運営を一任することが多いからです。しかし傘下に入った会社は、意思決定を効率的にできます。新商品や経営方針などの意思決定は、あくまでも参加の会社内で決まるからです。大きな会社で様々な人の意見を聞くよりも、意思決定を一任された小さな参加会社の方が、スムーズに結論をまとめられます。

 ゼンエルディーンインターナショナル株式会社の独自の組織的な戦略は、特定の分野において優れた技術やビジネスモデルを持つグループ傘下の多様な企業グループが、それぞれ独自の意思決定を行いつつも、資本、人材、情報において同志的に結合することを通して互いにシナジー効果を創出しながら、共に発展・成長を持続していくことを目指しているところです。柔軟にビズネスプランを変容させながら、長期にわたり発展し続けることを目指しているのです。

 ゼンエルディーンインターナショナル株式会社は、戦略的な「持株会社」として、グループ傘下の企業グループの構成員である各企業の意思決定に影響を与えつつも、各企業の多様性や自律性を尊重し、グループ企業間のチームワークをサポートすることでシナジー効果を創出して、グループ全体の成長を促進しているのです。


閲覧数:7回0件のコメント