• Mirai Group Japan株式会社

Dubai Expo 2020 に見る世界のイノベーション戦略

ここ数十年の間に、アラブ首長国連邦は国際的に存在感の高い国となりました。世界に対して門戸を開いてきたのです。特に、ドバイは国際的なビジネスの中心地となりました。

ビジネスの拠点として成長したドバイは、今度はイノベーションとアイデアの拠点になることを計画しています。

ドバイ万博は、ドバイ首長国が新しいアイデアを称え、イノベーションが花開く場所であることを示すものです。

万博を機に、ドバイは人類の次の進化を促す中心的な地域となることでしょう。

万博が中東で開催されるのは、今回のドバイが初めてとなります。ドバイは2013年に2020年国際博覧会の開催都市に選ばれました。この博覧会のテーマは「Connecting Minds, Creating the Future(心をつなぎ、未来を創る)」です。万博は6カ月間開催され、192カ国から200人以上が参加する予定です。国内外から数百万人の来場者が集まり、人類の偉業を称えることになります。


ゼンエルディーンインターナショナルのCEOイスマイルがドバイ Expo 2020 を実際に訪れ、世界のイノベーション戦略についてレポートします。

英国 - 未来を共有するためのイノベーション

人工知能と宇宙分野をハイライト

英国には170年の万博の歴史がありますが、ドバイのパビリオンはその歴史に新たな1ページを刻むことを約束する、英国初の女性によるデザインです。

英国人デザイナー、エス・デブリンが手がけたパビリオンのコンセプトは、創造性と詩であり、巨大な角笛のような形をしています。

巨大なファサードには、LEDでライトアップされた詩が刻々と映し出され、来場者の目を楽しませています。 「女性として初めてパビリオンのデザインを担当しましたが、それが完成して肩の荷が下りた思いでした」とデブリンさんは言う。

「建物や彫刻の中で自国を表現するのは難しい。」

「私が子供の頃、社会というものは存在せず、個人だけだと言われました。現代はその逆で、私たちはみな集合体なのです。」

この建物に足を踏み入れた人すべてが、その創造物の一部となるのだとデブリンさんは言います。パビリオンのデザインは5年の歳月をかけて作られました。


科学者スティーブン・ホーキング博士にインスパイアされたコンセプトで、英国パビリオンの入場者は、人類や地球上の生命を表すと思われる言葉を提供するよう求められます。

その言葉をもとに、高度なAI技術が詩的な連句を生成し、それを組み合わせることでメッセージの集合体を作り上げるのです。デブリンさんは、カリフォルニアのAI専門家と共同で、詩を開発するためのアルゴリズムを開発し、訓練してきました。

最初の言葉「dignity(尊厳)」は、国際協力担当国務大臣で2020年万博の事務局長を務めるリーム・アル・ハシミーが入力しました。

すでに100人以上の英国の詩人が、約15,000篇の詩を寄稿しています。

デブリン氏は、「ホルンは行動を促すようなもので、すべての人をその中に集めるように誘うものです」と語っています。

「来訪者の言葉は、集合詩の一部となるのです」

円錐形の20メートルのパビリオンは、外側に張り出したスラットの列が円形のファサードを形成しています。

「中に入ると、ノリッチやブラッドフォードの合唱団、海岸のシーシャンティなど、イギリス全土から集められた声が音の風景として聞こえてきます。


「誰でも歓迎。それが私が子供の頃に知っていたイギリスであり、共通の基盤です」

英国パビリオンのもうひとつのテーマは、人と心、そして機械をつなぐ、共有の未来に向けた革新です。

館内には、志の迷路、合唱スペース、展示用ファサード、ロンドン万博の第1回開催を記念して名付けられたレストラン&バー「1851」などが用意されています。

英国のファッション、食品、生活、学習、そしてこれからの時代に何を生み出すのか、あらゆることを探求し、未来を見つめるビジネスプログラムが用意されています。

UAEと英国の特別な関係は、アラブ首長国連邦で新しいビジネスを始めようとする英国の起業家の増加によって、強化され続けています。

英国の国際貿易省によると、UAEにはすでに6,000社以上の英国企業が登録されており、二国間貿易は250億ポンド(39兆円)に達するとみられています。

経済学者は、企業がBrexit後の新たな取引機会を模索し、英国が支援する新興企業の数は増加すると予測しています。

スマートなウクライナ:点と点を結ぶ

「未来のテクノロジーと巧みなアイデアが、よりバランスのとれた世界の創造に役立つことを発見してください。スマートな生活、スマートな思考、スマートな感情が、ウクライナ・パビリオンに集結します。」


2021年10月1日にドバイで始まり、2022年3月31日まで開催されるドバイEXPOには、ウクライナを含む192カ国が参加する。キートピックは「心をつなぐ、未来を創る」で、サブトピックとして「機会(チャンス)」「サステナビリティ(持続性)」「モビリティ(機動性)」があり、これらは今日の3大原動力である。


ドバイEXPOに参加する国々は、独自の文化や国民性、そして経済や研究開発の潜在力を示す息を呑むようなパビリオンを建設しました。ウクライナは初めて独自のプラットフォームを構築し、エネルギー転換期を迎えていたエネルギーウィーク期間中に公開されました。DTEKは、Expo 2020のウクライナ代表団に参加しました。DTEKグループは、ウクライナのエネルギー分野のリーダーであり、業界最大の民間投資家です。

DTEKのDubai Expo 2020での目標は、エネルギー分野の変革が、世界経済の持続的発展や、子供たちのための安全でクリーンな環境を確保するために不可欠であることを証明することです。また、ウクライナが脱炭素化への道を歩む世界と同期していることを示すことです。


「今、DTEKは、従来のエネルギーから、太陽や風を利用した革新的なエネルギーへの転換期を迎えています。さらに、2020年の万博は、クリーンな再生可能エネルギー源と、クリーンで二酸化炭素排出量ゼロを可能にする技術について、ある程度は考えています。それは、私たちの目標でもあります。私たちは、ウクライナにクリーンエネルギーへの海外からの投資を呼びかけたいと考えています。そして、私たちは、これらのプロジェクトを実行できることを示すのです。持続可能な開発は、未来です。持続可能な開発なくして、10年後、20年後に私たちの子どもたちがクリーンな環境で暮らせるとは言えません」とドミトリー・サハルクは説明した。


ウクライナのエネルギー事業会社のドバイ・エキスポへの参加は、「エネルギー・オブ・イノベーション」の参加者の訪問で始まりました。アカデミーDTEKの国際的なトレーニングプログラムである「エグゼクティブMBA」の参加者の訪問から始まりました。展示会の設営中、プログラム参加者はイノベーションシティを歩き回り、国際的な企業の経験を積む機会を得ました。


ウクライナのナショナルデーには、Expo 2020 Dubaiで「ウクライナ・エミラティ・ビジネスフォーラム」が開催されました。当日は、DTEKのエグゼクティブディレクターであるドミトリー・サハルクと、DTEKのチーフイノベーションオフィサーであるエマヌエーレ・ヴォルペが登壇しました。ビジネスフォーラムでは、EXPO2020のサブトピックの一つである「社会の持続的発展」に関連するエネルギー分野の課題とイノベーションに焦点を当てたテーマ別のセッションが開催されました。


「ウクライナの企業が初めて独立したパビリオンを設置したことを誇りに思います。ウクライナ・エミラティフォーラムでは、エネルギー分野の革新的リーダーであるDTEKが、新しい指数関数的かつ破壊的なテクノロジーを使って、どのようにエコシステムを育成しているかを紹介しました。エマヌエーレ・ヴォルペは、「イノベーションDTEKチームは、2020年ドバイ国際博覧会でさまざまな活動を計画しています」と述べました。


ゼンエルディーンインターナショナルはビジネスチャンスの芽をお届けするために、常に世界の最新イノベーションに敏感にアンテナを張り巡らし、その実現へのサポートを提供します。

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示