• ZED International

「 第4弾 」現地事務所開設と駐在員派遣 | 中東ビジネスへのビジネスコンサルティング

更新日:6月29日

 ゼンエルディーンインターナショナル株式会社は、フロンティアマーケットへの海外進出を検討されている日本企業のビジネス拡大や海外進出を全面的にサポートする海外進出コンサルティング会社です。


ドバイ特集 第4弾として、ドバイのフリーゾーンについてご紹介します。


過去記事

第1弾 中東地域への販路拡大について

第2弾 市場調査について

第3弾 GCCでの代理店起用の留意点


UAEには45を超えるフリーゾーンがあり、その多くはドバイにあります。1985年に設立されたジェベル・アリ・フリーゾーン (JAFZA) はこの地域初かつ現在では世界最大のフリーゾーンのひとつです。 135,000名を雇用する7,500以上の企業が拠点を置いています。このフリーゾーンモデルは世界の他のフリーゾーンに比べ、より多くの貿易シェアと直接投資の誘致に成功していることから、世界各地で同様の試みが行われています。




フリーゾーンはいかにビジネスをサポートできるか?


ドバイのフリーゾーンは、企業の成長の支援を目的に、海外の投資家に税制優遇措置と関税特権、完全な事業所有権を提供する為に設立された経済特区です。

ドバイのフリーゾーンでビジネスを立ち上げる主な利点は、個人または企業収入の100%の免税、貴社(国籍を問わず)の100%所有権、利益及び資本の全額送金、そして全輸出入税の除外が含まれます。


どのフリーゾーンを選択すべきか?


ドバイのフリーゾーンに貴社の事業の拠点を置くために知っておくべき重要なポイントのひとつは、あなたはドバイ本土の顧客やサプライヤーとビジネスを行ったり、ビジネス活動に関与することは許可されていないということです。

(フリーゾーンは物理的にはUAEの国土内にあるものの、法規制としては、謂わば外国とみなされています。)


また、各フリーゾーンの異なる特質や微妙な差異を理解する必要があります。例えば、自動車業界の方であれば、おそらくドバイ・オートゾーンを検討したいと思われるでしょう。また、貴社が物流サービスを提供されているなら、ドバイ・ロジスティクス・シティ・フリーゾーンを検討されるべきです。またジェベルアリフリーゾーンは海運会社や、港をすぐに利用する必要がある事業に適しています。


全てのフリーゾーンは投資家に様々な投資の可能性を提供しており、ドバイでビジネスを行う自由、相当な節税、安定したインフラを提供しています。

UAE本土との直接取引を行わない限り、各種優遇措置による恩恵を受けつつ、フリーゾーンでの拠点ハブとして中東地区、北アフリカ、アジアの巨大消費市場に向けたビジネス展開は可能となります。


フリーゾーンの選択またはビジネスの立ち上げのお手伝いが必要な場合は、お気軽にゼンエルディーンインターナショナル株式会社へお問合せ下さい。   

                                        

 ゼンエルディーンインターナショナル株式会社は、コンサルティング会社として、ドバイであなたのビジネス申請をスムーズに進めるために主要な官民組織と提携し、ビザ申請、書類作成、ライセンス手続き、居住許可処理などベンチャー企業を立ち上げるお手伝いを致します。ドバイで事務所を開設する場合も、新規に会社を立ち上げる場合も、弊社のチームワークが 、お客様の成功を支援するために全面的にサポートして参ります。


閲覧数:17回0件のコメント