• ZED International

「 第13弾 」中東地域への海外進出 お悩み相談 | 中東ビジネスへのビジネスコンサルティング

 ゼンエルディーンインターナショナル株式会社は、フロンティアマーケットへの海外進出を検討されている日本企業の海外進出を全面的にサポートするプロフェッショナル集団、ビジネスコンサルティング会社です。

過去記事

第1弾 中東地域への販路拡大について

第2弾 市場調査について

第3弾 GCCでの代理店起用の留意点

第4弾 現地事務所開設と駐在員派遣

第5弾 企業にとってFZに進出する意味・メリット

第6弾 GCC内の関税の規約について

第7弾 代理店起用の必要性

第8弾 販売代理店候補の選定

第9弾 現地市場情報の収集方法

第10弾 現地市場情報の収集方法

第11弾 外資参入禁止リスト(ネガティブリスト)

第12弾 従業員雇用の留意点


中東地域(GCC) 向けの海外事業を計画されていらっしゃるお客様のよくあるお悩み

貴社の海外事業において、このようなお悩みはございませんか?

  • 将来的な日本国内マーケットの縮小から海外事業に投資を検討しているものの、何をしてよいのかわからない。

  • 海外展開を進める必要があるが、有効な手を打てないまま時間が経っている。

  • 海外事業を注力すべき国やエリアが判断できない。

  • 海外事業展開に向けて適切な事業提携先が見つからない。

  • 海外事業を拡大したいが、現地法人や販売代理店が期待した動きが取れない。

  • 5年後10年後といった将来を見据えた海外事業の種まきを行う必要があるが、会社から短期視点での成果を求められている。

さらには2020年に発生したコロナショックにより下記のお悩みはございませんか?

  • コロナショックにより海外出張ができず、海外の現地情報の収集が困難。

  • コロナショックで海外マーケットがどのように変化するのかわからない。

  • 業界再編に伴い、自社が乗り遅れないためのポジショニングが急務。

  • 事業の投資もしくは撤退、出口戦略の策定に向けた情報収集ができない。




まとめ


少子高齢化による市場縮小や、経済のグローバル化に伴い、「海外展開」は日本企業の戦略上の優先課題となっています。一方で、言語や商習慣の壁、ブランドの認知度や法律、貿易、パートナー開拓など… 「海外展開」のハードルはまだまだ低くはありません。


ゼンエルディーンインターナショナル株式会社は、中東(GCC) 各国の現地現場で集めたリアルな情報と、豊富な海外事業を成功させてきた経験・知見を活用し、お客様の海外事業成功の道筋における全てのフェーズをサポートします。

私たちは、 「海外事業のプロフェッショナル集団」として、お客様の海外事業をあるべき姿に導く、良きパートナーとなることをお約束します。


中東地域(GCC)に関して気になる点や海外進出に関して相談したいこと等がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。


閲覧数:25回0件のコメント