ゼンエルディーン
052-485-4301

代表メッセージ

代表メッセージ
総売上高 30億円
提携関係国 15ヶ国
従業員数 約150人
採用

ゼンエルディーンインターナショナルは 人材募集中

最新 ニュース

ニュース

今日とこれから。

「学校訪問記」 今日名古屋市内の美容専門学校2校訪問しました。 来年度卒業生の中でネイリスト志願者をリサーチ。 学校側からの美容サロンへの要望は「魅力ある美容サロン」 「評価が高い」 「人気のある店」 などをあげる。 当然受け入れ側もこれに答える必要があり、当店としても日々経営努力。 スタッフが働きやすいか?店内(社内)のスタッフ教育は充実しているかなどが重要なテーマと考えられる。 学校と店側とのミスマッチを防ぐためにも相互交流による情報共有がポイントになる。 当方からの学校訪問を当然ながら学校側から当方見学も歓迎態勢へ準備。

令和元年5月7日

令和元年5月7日    ゼンエルディーンインターナショナル株式会社 (きょうとこれから) 当社は令和元年5月1日より合同会社から株式会社に組織変更致しました。 これを機会にさらに知名度と信頼性を高め株式会社としての地位を固めて参ります。 会社として誕生してから今年で3年目。 若手経営者にありがちな、勢いのみで成長する事を望まず しっかり足元を見つめて、ゆっくりでも確実に歩みます。 今後の目標として近い将来新規株式会開と上場を目指します。 若手経営者間の交流や情報交換を積極的に行い株式会社にふさわしい実力を備えたいと 思います。 令和と共に当社も第一歩をスタート。 ご期待ください。

情報のインプット アウトプット

本日、当社は千客万来で商売繁盛デー。 午前中は新聞社(経済)の会社インタビュー。 サトウキビストロー(エコロー)新発売が話題。 「脱プラ」化の傾向が加速しておりマスコミ各社も注目。他に当社の事業展開についても話題提供。特にIT事業に関心が見られ突込んだ質疑応答あり。東京からビジネス客が来社。海外事業展開についての打ち合わせ。当社は創業3年目の若い企業のため、パワーアップの必要があり海外にも展開。インド、ドバイ、クエートに進出済み。 この為、海外進出対応する為海外要員も応需。 当社にとっては国内市場のシェア拡大は当然のこと、海外でのシェア確保も大きなテーマ。 それには人の往来が欠かせない。

100年生き抜く企業」

 当社は、今年で創業3年目の若い会社で育ち盛り。周りから色々な物を吸収して栄養を身につけて体力強化、そして外資系では数少ない100年企業を目指します。 日本企業でも100年長寿企業は希有と言われ企業の平均寿命は30年説が定説 環境の変化に順応して100年、この先100年生き抜く長寿企業になる条件は何か? これまで以上にハードルが一段と高くなっている。 それは、将来を見通すことが非常に困難な時代になった事だ。その背景は2つ。 1、ITの登場で変化とスピードに対応出来ない事 2、グローバル化の流れ。幸い当社には、将来を予測して企業戦略を打ち出せる強力なチームが存在しており、きょうも生き抜く力をつける為、スタッフ全員が真剣な討議会で自己変化を磨く。 先日、代表のイスマイルはドバイへ出張でした。外資系の強みは、海外との取引です。代表は日本国内での事業で大変苦労したそうです。そこで、日本にはたくさんの素晴らしい商品が、まだまだ海外に出回っていない。日本のいいものを海外に持っていき、お取引のお手伝いができたら・・・と、たくさんの日本の企業様を、中東エリアの企業様にご紹介。この御縁で、難しいと考えてしまう、海外取引がスムーズに。 海外進出に興味がある方は、ぜひお問い合わせください。

「きょうの出来事」-千客万来!

本日、当社は千客万来で商売繁盛デー。 午前中は新聞社(経済)の会社インタビュー。 サトウキビストロー(エコロー)新発売が話題。 「脱プラ」化の傾向が加速しておりマスコミ各社も注目。他に当社の事業展開についても話題提供。特にIT事業に関心が見られ突込んだ質疑応答あり。東京からビジネス客が来社。海外事業展開についての打ち合わせ。当社は創業3年目の若い企業のため、パワーアップの必要があり海外にも展開。インド、ドバイ、クエートに進出済み。 この為、海外進出対応する為海外要員も応需。 当社にとっては国内市場のシェア拡大は当然のこと、海外でのシェア確保も大きなテーマ。 それには人の往来が欠かせない。

ゼンエルディーンインターナショナル合同会社

ゼンエルディーンインターナショナル合同会社 「きょうの出来事」 今日、元みよし市市商工会会長鳥居鐐一氏のご紹介で同市の昌和物産(株)様に訪問。 この度新発売のサトウキビストロー「エコロー」のご案内とご挨拶を兼ね、当社社長、イスマイルゼンエルディーンと営業担当者土田が同行。 最初に鳥居氏経営の鳥居製作所本社工場を見学。各種クルマ部品のバネ制作現場、工程の流れ 作業と仕上がり検査状況を見学。 その後、昌和物産(株)訪問。同社佐々木社長、古田取締役に面談。 当社新発売のサトウキビストロー「エコロー」紹介。 “脱プラ”ストローとして話題提供。昌和物産(株)様もサトウキビストローは初商品。 関心を高めて頂き、脱プラ周辺情報追加提供。

メール マガジン購読

メール マガジン購読
メールマガジン購読希望の方はこちら⇨